シニア男性

心がモヤッとしたらSOSの合図|うつ病は治療で克服することが可能

気分障害をチェックする

相談

特徴はこれです

うつ病には、大きく単極性うつ病と双極性うつ病があります。単極性というのは、うつ症状のみが何度も起こるうつ病のことです。双極性うつ病とは、躁状態といって、気分が非常に高ぶったり、自分が何でもできると思ったり、大金持ちになったと思い込んだりする症状が、うつ症状と交互に発現するうつ病です。双極性うつ病に比べて、単極性うつ病の方が薬の数も減り、回復も早い傾向にあります。診断は、患者への問診で行われます。近年では心理テストや脳の前頭葉の血流を調べることで診断の手助けにする場合もあります。血液検査などの客観的な指標は、今のところ発見されておらず、患者の主観が問診に大きく影響するため、医師によって診断結果が違うといったことがよく起こります。うつ病の診断基準は研究の進展によって、今後、より厳密な診断基準が示されると予測されます。それにより、医師によって診断結果が違うといった現象も減少していくと考えられます。治療はカウンセリングと薬物療法が基本になります。その中でもカウンセリングは、主に患者の性格への治療的アプローチです。この疾患は発症しやすい性格というものがあります。責任感が強かったり、正義感が強かったり、頑固だったりといった性格は、時に疾患の発症に大きく関与するため、カウンセリングが必要になります。

入院か、通院か

うつ病の治療上の注意点はたくさんあります。例えば、精神科の病院に入院するか、精神科クリニックに通院するかは、ストレッサーが何かによって変わってきます。通院のデメリットは、ストレッサーが家族や親族、友人などであった場合です。家に帰っても何かしら彼らと接するのでは、疾患は悪化が予測されます。このような場合には精神科病院への入院が回復への近道といえます。一度病院に入院してしまえば、ストレッサーである人物との接触を一時的に遮断し、回復に専念できたり、ストレッサーである人物への接し方を、医師などがカウンセリングする中で学ぶことができるからです。一方、病院にもデメリットはあります。病院に入院する場合は、病棟で生活することになります。病棟には様々な精神疾患の患者が入院しているため、ときに人間関係で入院中に悩んでしまうといったこともあります。また集団生活となりますので、入浴の時間や食事の時間などは厳密に決められています。睡眠時間やテレビを見る時間まで決められることに、ストレスを強く感じる患者などは、通院を選択する方がストレスなく治療でき回復も早いと考えられます。このようにうつ病の治療はそのメリットとデメリットを考慮して治療場所を選ぶべきなのです。