シニア男性

心がモヤッとしたらSOSの合図|うつ病は治療で克服することが可能

感情障害の治療を学ぶ

患者と医師

内服の注意点を知ろう

うつ病と病院で医師に診断された場合、薬物療法という薬による治療が開始されます。うつ病は脳の神経と神経の間の情報を伝達する物質が、減少する事で発症する疾患です。うつ病の治療では、この神経伝達物質を増加させる作用のある、抗うつ薬が使用されます。抗うつ薬の特徴は、薬の効果が出るまでに2週間から一か月程度かかることです。この時注意が必要な事として、薬の効果よりも副作用が先に出現する事が多いことがあげられます。副作用としては、頭痛や気分不良、めまいなどが出現しますが、すでにうつ病を発症し病院などに入院、通院している患者にとって、病気の症状が改善していないにもかかわらず、薬の副作用だけが先に出現することは、大きなストレスになります。そのため周囲の医療者や家族は、薬のことをよく理解し患者をフォローする必要が出てきます。副作用が出現した場合には、副作用を治療する薬を新しく内服することになります。副作用の程度によってはゆっくりと抗うつ薬を減少する場合もあります。どちらにしろ、優先されるのはうつ病の治療ですから、抗うつ薬の効果が出始めてうつ症状が改善するまでの間は、副作用に対しては対症療法が適応されることになります。

薬以外の治療法も大事です

うつ病の治療において、特に病院を中心に心理教育や精神療法、認知行動療法などが薬物療法以外で取り入れられています。以前は病院に入院していないと受けられなかった作業療法も、近年では外来通院でも受けられるようになり治療の幅は拡大しています。うつ病においては、心理教育が非常に重要になります。心理教育とは、患者が自分の病気について、自分で理解し薬などをコントロールできるように、疾患の知識や治療方法の目的などを、患者に理解してもらう治療方法です。うつ病という疾患は気分や意欲や思考といった、日常的にあまり意識しない脳の働きが障害される疾患です。そのため、患者は自分の健康な気分や健康な意欲といったものが、どのようなものなのか、すぐには自己判断できないのです。この状態では、薬を飲んでも、改善しているのか悪化しているのか分かりません。そこで医師がカウンセリングを行いながら、患者の正常な気分や意欲の状態を客観的に伝えるのです。これにより患者は自分の正常な状態を認識できるのです。認知行動療法とは、患者のストレスへの捉え方を変えていく治療方法です。医師と話し合いながら行う治療で、ストレスへの反応の仕方が変わることで、ストレスへの耐性を上昇させます。