笑顔のナース

心がモヤッとしたらSOSの合図|うつ病は治療で克服することが可能

心の病気のこれから

頭を抱える人

うつ病患者は年々増加しており、今後は社会全体での協力体制の構築が求められて行きます。また、病院での治療の他に自分なりに工夫できることには、毎日の生活リズムを安定させることが挙げられます。そうすれば、自律神経の働きが安定するためうつ病の回復を早めることができます。

Read More

気分障害をチェックする

相談

うつ病は2種類あり、診断は問診で行われる。治療ではカウンセリングが行われ、うつ病を発症しやすい性格への治療となっています。精神科病院への入院のメリットは、家族などがストレッサーのときに一時的に距離をとれることです。通院によるメリットは、病棟での集団生活にストレスを感じるリスクがないことでしょう。

Read More

人と話す効果

下を向く男性

人と話す事

うつ病になってから病院に行くのでは遅いのではないかと考えてしまう方も多くいるでしょう。病院に行ったからといって、うつ病を克服する事が出来る訳がないと考えている方もいますが、しっかりと効果的に治療をする事が出来るという部分を忘れないようにしましょう。一番効果があるのは人と話をする部分になります。うつ病の方は人と話をする事が嫌になってしまう傾向があります。しかし人と話をしない事が続いてしまう事によって重症になってしまう事もあります。病院に行く事によって、様々な人と会話をする事が出来るようになります。同じうつ病の人と話しをする事が出来れば、辛さを分かち合う事も出来るようになるので、自分一人だけでは無いと感じ少しでも気持ちが楽になる事もあります。最初は人と会話をしなくてはならない部分が面倒になってしまう場合もありますが、徐々に症状が良くなってくると、人と会話をするために病院に行かなくてはならないと自分で意識をする事が出来るようになります。人と話しをしなくてはならないと考える事が出来るようになってくると、徐々に症状が軽くなってきているので、克服に向かっていると考えられます。完治するまで頑張る事が出来るようになるでしょう。心がモヤッとしたらSOSの合図だと判断して大丈夫です。

費用の部分を気にしない

また病院に行くと精神科の先生と必ず話しをしなくてはならない場合がほとんどになります。会話をする事がカウンセリングになっているので、自分が不満に感じている事などを話す事が出来るようになってきます。最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると一般の方に話すよりも話しやすいと感じる事が出てきます。これは精神科の先生が親身になって話しを聞いてくれるからになります。自分の話をしっかりと聞いてもらっていると感じる事ができれば、徐々に感情を出せるようになってくるでしょう。軽いうつ病の時に病院に行く事ができれば良いのですが、自分自身で気が付かないうちに重症になっている場合もあります。重症になってしまったからといって克服する事を諦めるのではなく、重症になってからでも克服する事が出来ると考えていると病院に行く必要性を感じる事が出来るでしょう。病院に行くための費用の部分を気にしてしまう方もいますが、自分が長く辛い思いをしてしまうよりは費用をかけてでも病院に行った方が良いでしょう。いまは保険も適用されているので、3割の負担で治療を受けられます。さらに自己負担を少なく出来るようにと制度も整っているので、会社を休んで収入が得られないという場合でも安心です。ただ所得の水準によっても異なるので、カウンセリングの時にでも医師に聞いておきましょう。うつ病を克服する事ができればより明るい未来が待っている事も多いですし、以前のように生きていて辛いと感じる事も少なくなるので、しっかりと治療を行なうようにすべきです。

感情障害の治療を学ぶ

患者と医師

うつ病と病院で診断されると、薬物療法が始まります。薬物療法では抗うつ薬を使うので、薬効より副作用が先に出現することがあり、患者の薬への理解が重要です。うつ病の治療は薬物療法以外に、心理教育や精神療法があります。また、心理教育は患者が自分の健康な状態を認識し、薬などの治療法について理解を深めるためのものです。

Read More

看板は違えど内容は同じ

待合室

うつ病が疑われる場合に診断及び診察をしてくれる病院は精神科や神経科、心療内科やメンタルクリニックです。これらの診療科目は名前がそれぞれ違いますが、内容はほとんど同じなので、自分が通いやすい病院を選ぶと良いでしょう。

Read More